FC2ブログ

たびえもんカフェ最終営業 for 子供たち

たびえもんカフェ最終営業 for 子供たち

この5年間の思い出3つ
1)次女(当時の年齢忘れた)緊急入院
2)イベント中に長女(当時3歳)が脱走し行方不明
3)発熱で留守番の長男(当時5歳)、泣きながら店に来ようとする

tabiemon-5years.jpg

以下、長文(9月のたびえもん通信コラムより)。

「まずは家庭を守ることの巻」

5年半前に起業したとき、3人の子供たちは5歳、3歳、0歳でした。

一番年上の長男にだけは事前に伝えておこうと思い、2人で外出したタイミングを見計らって話をしたところ、反応はまさかの号泣。

「お父さんとお母さんにいなくならないでほしい…」

どうやら、彼の幼い頭脳の中で、親が起業する→事業に失敗する→両親が離婚し家庭崩壊、というシミュレーションが成り立ったようでした。

で、時が流れ、小学5年生の長男、カフェ休業についての反応は、「あっそ」のひと言。(俺の生活に影響ないなら好きにして)と冷静です。

代わりに泣き出したのは、小3になる長女。彼女の憧れの職業はカフェ。カフェが無くなるのは、彼女なりに寂しいことだったようです。

一方で放課後や夏休みの間、子供を預かってくれる学童は小3まで。小4からは居場所が無くなります。次女も半年後には小学生で留守番予備軍…。

カフェを続けるか、区切りを付けるのが良いか、子供たちの涙に答えられるのはどっちか。色々考えての決断なのです。多謝!

P9103015.jpg

P9103002.jpg

P9102993.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開



自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧下さい▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼