FC2ブログ

税金を未来に投資するために

(閏五月二十二日)

 先の日曜日は都議選の投票日だった。
 午前中に2人の子供を連れて、投票所である近所の小学校へ。もしこのまま4年後もここに住んでいたとしたら、長男が通うことになる学校である。

 投票を済ませたあと、長男が校庭の遊具で遊びたがるので、しばし遊ばせる。遊ばせていると、同じように幼い子供を連れた家族連れがちらほらとやって来る。

 その中に、若い夫婦と子供という組み合わせはもちろんいるのだが、祖父母と孫という組合せが複数いることに気づいた。

 祖父母が孫を遊ばせている、というのは特に珍しいことではないし、微笑ましいものだといえるが、ふと思った。親は何をしているんだろう、と。

 子供を遊ばすのはおまけで、主目的は選挙のはず。祖父母は投票に来たが、父母は投票に来ないのだろうか? むむむ。

 もちろん父母は仕事で不在者投票を済ませてあるということも考えられるが、可能性は低そうだ。

 都議選の投票率は50パーセントを超えたそうだが、たぶん高齢者のそれは70パーセントくらいあって、若い世代のそれは30パーセントくらいしかないのだろう(数字に根拠なし、推測)。

 これでは税金が年寄りにばかり使われ、若者は痩せ細るばかり、少子化も加速するばかり。産婦人科や小児科や保育園より老人ホームがたくさん造られるだろう(もちろんどちらも大事だが)。

 少子化が進めばますます投票者の平均年齢は上がるから、政治はますます年配者に有利になっていく。

 この悪循環を自分が年寄りになる頃までには断ち切りたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開



自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧下さい▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼