満月にそびえるバベルの塔(UAE&オマーン子連れ旅行日記その4)

(文月二十三日)

 パーム・ジュメイラを楽しんだ後、ホテルに戻っていったん休憩。夕方になって世界一の高層ビル、ブルジュ・ハリファと、近接した巨大ショッピングモールのドバイモールへ出かけました。

 ドバイには多くのショッピングモールがありますが、その中でも最大規模のドバイモール。メトロ駅からの連絡バスは満員、着いたモール内も多くの観光客で賑わっていました。

 炎天下のオールドスークよりも、冷房の効いたショッピングモール。これがドバイの正しい楽しみ方なのかもしれません。でも、、ブランド品の買い物などにはほとんど興味がない私たちは、まっすぐ水族館を目指しました。

 ドバイ水族館のウリは、壁一面の超巨大水槽と、水中トンネル。アクリルパネルの大きさは幅32・88メートル、高さ8・3メートル、厚さ75センチで、もちろん世界一の規模だそうです。何事も世界一が大好きな街なのです。

uae20small.jpg


 さすがに迫力は圧倒的。水中トンネルで頭上を泳いでいくサメやエイの姿を、2歳長女が食い入るように眺めていました。怖いという感情はあまりないようです。。

 4歳長男は、ピンク色で人の顔のような顔をした魚(人面魚?)の水槽の前で、「これがお父さんで、これがお母さんで、これが~」と、大きい魚から順に家族の誰かに見立てて、面白がっていました。

 水族館を出た後、モールの中をひと巡り。涼しい屋内では子供たちの動きが違います。特に長女は、ちょっとベンチで休憩という際も、どこでもすぐに靴を脱ぎたがる癖があって、裸足になって駆け回るので、親としては追いかけるのが大変です。

 長男は「ストップ!」と言えば足を止めるけど、長女はどこまでも行ってしまうので実力行使で止めにいくしかない。このあたりが4歳と2歳の、旅行に連れていく際の大変さの大きな違いです。。

 小学生くらいの西洋人の女の子が、真っ黒な長女の足の裏を見て、顔をしかめながら「エクスキューズミー…」と私に一言。部屋の中でも靴をはく文化圏の彼女からしたら、その汚さがたまらなく、注意してくれたようでした。

 そういえばドバイでは、裸足で歩いているような物乞いは、子供も大人も見かけません。それだけ国全体が豊かなのか、社会福祉が整っているのか、はたまた貧乏人は入国できないだけなのか。 

 日暮れを待って外へ。

 人造湖を囲むようにして、高さ828メートルの超高層ブルジュ・ハリファのほか、アラブ的外観のザ・パレス・ジ・オールドタウン、未来的なデザインのジ・アドレス・ダウンタウンといった高級ホテルが建ち並ぶ一角です。

「えー、スカイツリーのほうが大きいよ~」

 昨年の秋にスカイツリーを観に行って以来、大ファンの長男は、決してブルジュ・ハリファのほうが高さがあることを認めません。かわいいヤツ。

 日が沈むと同時に、東の空からはゆっくりと満月が昇ってきます。全てが人工的に造られた空間を、まん丸い月が妖しく照らす。ちょっと現実離れした空間です。

uae24small.jpg


 ややあって人造湖から水が一斉に噴き出します。例によって、これまた世界一の高さまで噴き上がるというドバイ・ファウンテンの噴水ショーです。

 噴水を目当てに集まって来た人、人、人。その人種がこれまたバラエティに富んでいます。そもそも自国民UAE人の比率がわずか2割と言われる国。インド、パキスタン、バングラディシュなど南アジア系の住民が多く、旅行者はヨーロッパ各国、そして中国人の姿も目立ち、アフリカ系黒人の家族連れもたくさん見かけました。

 一説によると内戦状態のソマリアから、お金を持っている武装勢力の親分が、ときたま息抜きをしにドバイに遊びに来ることがあるとか、ないとか。

 かつて天を目指して建設されたバベルの塔は、神の怒りに触れ、罰として人間の話す言葉は互いに通じないようバラバラにされたといいます。母国語が異なる多くの人が、同じようにブルジュ・ハリファを見上げている様子を眺めながら、人類はどこへ行くのだろうと、そんな大それたことを考えてしまうひとときでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開



自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧ください▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼