働きたくてうずうずしている

(弥生六日)

 震災から4週間が経った。昨日宮城県北部で震度6強の余震があり、原発も予断を許さない状況が続いている。

 東京では桜が満開を迎えているが、花見客は例年に比べるとずっと少ないらしい。入学式や入社式、歓迎会などのイベントごとも、いろいろなところで中止、縮小の傾向だとか。

 そんな過度の自粛ムードは良くないという認識が、最近ようやく色々なところで言われ始めていている。先日の日経新聞には、およそ8割の人が自粛しすぎだと思っている、との調査結果が出ていた。

 私見だが、そもそも安全圏にいる人間が、被災地を思って祝い事や宴会事を控えるなどというのは、単なる自己満足だと思う。ついでに言うと、募金も、その行為自体がなんとなく上から目線な気がして、あんまり好きではない。

 1000円募金するよりも、風評被害で苦しんでいる福島や茨城の野菜を買ったり、東北地方に旅行に出かけたり、地元の名産品を買ったりして、1万円消費するほうがいい。

 中東オマーンから福島県南相馬市の町工場に、26億円分の大量発注があったそうだ。発注したのは取引先のオマーンの王族系企業で、報道で南相馬市の被災を知り、浄水器700台と大型浄水装置14台を特別発注したとのこと。

 ビジネスの形態をとっているが、こういうのを本当の友情というのだろう。ただ憐れむのではなく、買うから作ってくれ、売ってくれというスタンスがいい。

 原発から20~30キロの屋内退避圏に含まれている工場である。自宅を失った従業員と家族のために仙台市内に宿泊場所を確保し、さらに職を失った人を新規雇用し、今月中に生産を再開する見込みだそうだ。

 発注を受けた工場の社長が言っている。「従業員たちはみんな、働きたくてうずうずしている」

 単に26億円のお金が渡るだけではない。仕事ができる。経済が戻ってくる。少しずつでも、こういった動きが拡大してくれると、嬉しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開



自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧ください▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼