FC2ブログ

昔より良くなったことを、たくさん見つけてみよう/伊勢神宮で初詣

(霜月二十九日)

 あけましておめでとうございます! 2011年(平成23年)が始まりました。

 年頭にあたり、旅人党宣言では今年、1つのテーマを追いかけてみようと決めました。それは「昔より良くなったことを、たくさん見つけてみよう」です!

 最近の新聞やテレビでは、日本の展望はとにかく暗い話題ばかり。少子高齢化、GDPは中国に抜かれ、借金は900兆円、このままでは財政破綻、沈み行く日本、失われた20年、無縁社会に孤独死、幼児虐待に凶悪化する少年犯罪と、否定語のオンパレードです。

 正直なところ僕自身も、簡単に「閉塞感」なんて言葉を使ってしまいます。でも、「昔は良かった」とか「嫌な時代になった」とか、否定的なことばかり言っていては、自ら浮上のチャンスを破棄しているようなもの。気持ちがどんどん腐ってしまいます。ますます内向きになってしまいます。

 というわけで、このブログでは肯定的なことを書きます。肯定的な言葉が並べば、気持ちが前向きになる。みんなの気持ちが前向きになれば、景気だって少しは良くなるはずです!

 早速1つ目。お正月らしく初詣の話題。みなさんは初詣、どこへ行きましたか? うちは伊勢神宮に行きました。とにかくすごい人出にびっくりしました。外宮はそうでもなかったのですが、内宮は混んでいて、正殿に辿り着くのに2時間もかかりました。

 いわゆるパワースポットブームがいいのかという話題はさておき、伊勢神宮の参拝者数は昨年史上最高の860万人を突破したそうです。神社仏閣巡りなんて、一昔前は年配者の趣味という印象がありましたが、最近は若い人も多いんですね。初詣も小さな子供連れがたくさんいました。若いカップルも多かったです。

 伊勢神宮といえば、20年に一度の式年遷宮が有名ですが、社をわざわざ建て替えることによって、建築技術や伝統を未来に受け継ぐ意味があるそうです。

 日本古来の宗教的な伝統を大事に思い、未来に受け継ごうとする力は、以前に比べ今のほうが高まっている、価値が見直されているのではないかと思います。

 7世紀に始まったといわれる式年遷宮、21世紀の現代まで続いているニッポンの持続力ってスゴイ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開



自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧下さい▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼