FC2ブログ

立体迷路の城砦都市ルクセンブルグ

2020年、あけましておめでとうございます。
元日の今日はベルギーから列車でルクセンブルクへ。

泊まっていたホテルからほど近いブリュッセル・シューマン駅から乗ったのですが、
実はこの駅、欧州連合(EU)本部の最寄り駅でもあり、建物をちょっと見学。



昨日訪れたグランプラス周辺の中心部とは打って変わって、
近代的な巨大ビルが、大通りをはさんでずらりと並んでいました。
ここがヨーロッパの心臓部、元日からちらほら働いている人もいるようです。

そしてシューマン駅からベルギー南部を経て、ルクセンブルグ行きの国際列車、
電光掲示には赤字で"+14"の文字。やや遅れての出発となりました。



この電車、座席車両は、酔っぱらって寝つぶれた若者たちであふれていました。
大晦日から新年にかけて、徹夜で遊んでの帰り道なのでしょう。

でも、隣の車両に進んでいくと、コンパートメントがあるではないか。
6名掛けの個室車両。かつてヨーロッパを鉄道旅行したときは、よく利用したタイプです。

途中、国境手前のアルロン駅で降ろされて、急遽乗り換えしなければならないミニハプニングはありましたが、
ルクセンブルグまで3時間、とても快適な列車旅を楽しむことができました。



そしてルクセンブルグ、初入国!
神奈川県ほどの面積に、約50万人が住み、ヨーロッパでも有数の金持ち国として知られていますが、
中央駅はこんな感じ。古めかしくて雰囲気があります。



駅周辺は多国籍なエリアで、治安もあまりよくないとは言われていますが、
中級クラスのホテルが多く、他の店舗が元日で閉まっている中、ケバブ屋や中華レストランは営業していました。

ホテルにチェックインした後、早速街歩きに繰り出します。



ルクセンブルグ市は、標高500メートル、大きく湾曲した川に挟まれた城砦都市、
深い谷に架かる橋を渡ると、中世の街並みが残る旧市街です。

ノートルダム大聖堂や、大公宮など、中心部をひとめぐり。



大公宮前のチョコレートハウスで、一服しました。
数多くのチョコレートフレーバーの中から好きなものを選んで、ホットミルクとマシュマロをあわせていただきます。

ルクセンブルグは空気が冷たくて寒かったので、ほっと一息です。



休憩の後は、再び市内を散策。

フランスやベルギーなど周辺国に比べるとマイナーなイメージがあって、
日本から訪れる人はそれほど多くないと思いますが、観光客は多く歩いていました。

渓谷をはさんで広がる景色は素晴らしく、とても眺めの良い街です。



グルントと呼ばれる谷底の町も訪れてみたのですが、帰り道に迷って、同じ場所をぐるぐると…

上から見る景色と、下から見る景色は異なり、
似たような高架橋が幾本も川に架かり、さながら立体的な迷路のような町。

子供たちはちょっとブーイングでしたが、でも楽しかったです。



金融立国、金持ち国というイメージとは裏腹に、
歴史ある街並みを楽しめる、ヨーロッパの田舎都市という感じのところでした。
スポンサーサイト





自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧下さい▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼