FC2ブログ

寺院に遺跡に街歩き、ヒンドゥ文化を学ぶ

バリ島は意外と広く、見どころが点在しており、かつ公共交通が不便なため、なかなか個人で巡るのは大変です…
ボロブドゥール&プランバナン遺跡を巡ったときと同様に、車をチャーターしました。

どこへ行くか、何を観るか、年を追うごとに親と子のせめぎあいが激しくなる中、
まずはタマンアユン寺院へ。

P1044953.jpg

16世紀頃、イスラム勢力によりジャワ島を追われたヒンドゥ教徒勢力がバリ島に逃れ、以来、この島では独特のバリ・ヒンドゥ文化が栄えることになります。

タマンアユンは、そんなバリ島のヒンドゥ寺院の中でも、最も美しいといわれるお寺で、メルと呼ばれる塔が並んで建っています。
日本の五重塔にもよく似ていますが、こちらは一番高いもので、十一層! 壮観です。

P1045000.jpg

続いてグヌンカウイ遺跡へ。岩山に掘られた11世紀の陵墓が残る世界遺産。
およそ300段の石段を下っていきます。周囲には土産物屋が立ち並ぶ一方で、棚田が広がり、のどかな田舎の風景が楽しめる道のりでした。

P1045019.jpg

川が流れ、石窟が並び、木々は鬱蒼として、とても見ごたえのある遺跡でしたが、意外だったのは、インドネシア人観光客はあまり見当たらなかったこと。

タマンアユン寺院もそうでした。
ジョグジャカルタ市内やボロブドゥール遺跡が、地元旅行者であふれていたのに対し、バリ島は西洋人、そして日本人が多い印象です。
従来通りの東南アジアの観光地、といえばそうなのですが。

P1045101.jpg

昼食はテガラランの棚田。
1年中暖かなインドネシアでは、日本のように、5月が田植えで、9月が稲刈り、といった決まった季節がありません。
ちょうど刈り入れが終わった時期でしたが、棚田ビューのレストランで一休み。

P1045088.jpg

今の時代、どこへ行っても、重視されるのはSNS映えですね。
棚田を一望できる斜面に、ブランコが設置されていました。なかなかスリルがあります。ひゃっほーい!

P1045136.jpg

午後はウブド。
バリ文化の中心として、寺院がたくさん並ぶウブドは、旅行者に人気のスポット。
まずは、長女が行きたがったモンキーフォレストへ。

欧州や北米には野生の猿がいないそうですね。欧米人観光客でにぎわっていました。
タマンアユン寺院やグヌンカウイ遺跡には少なかったインドネシア人旅行者も、ウブドには多かったです。

P1045197.jpg

ちょうどこの時期、210日周期のウク暦にそって行われるガルンガン、クニンガンのお祭りでした。
ウブドでも、周辺の町村でも、いたるところ祭礼の飾りつけや、日本の獅子舞にも似た行進を見ることができました。
この独特なヒンドゥ文化こそ、バリの大きな魅力ですね。

P1045219.jpg

お土産物を探したり、休憩しながら、ウブド王宮のサレン・アグン宮殿へ。
ここでは夜になると、伝統的なバリ舞踊の公演を見ることができるのですが、そうするとホテルに戻るのが真夜中になってしまいます。。

P1045278.jpg

子供たちの意見もふまえ、夕方にはウブドを後にして、南部ビーチエリアにある観光客向けのレストランで、夕食をとりながらバリ舞踊(レゴン・ダンス)を観ることに。

まあ、食事もダンスも、観光客向けという感じですが、
子供が小さいうちは、夜遅くならないのは鉄則なので、これでよかったかな。
スポンサーサイト





自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧下さい▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼