FC2ブログ

ラマダンの真髄は渇きにあり(UAE&オマーン子連れ旅行日記その2)

(文月十九日)

 ドバイ到着初日。

 エティハド航空を利用したため首都のアブダビに着き、そこから無料のシャトルバスでドバイへ。中心部バール・ドバイ地区の1つ星ホテルに昼前にチェックイン。近くのスーパーで食料を調達し、部屋の中で飲食。

 ここまでは、まあ予定どおりでした。一息ついたところで街をひと歩き、両替もしたいし、観光しようと考えたのが1つの失敗でした。

 天気予報によると気温46度。人間の体温は言うに及ばず、お風呂の温度よりも高い! しかも海に面したドバイは湿度も高く、蒸し蒸ししていました。そのくせ雨は降らず、雲はない。太陽は高く、ろくに日陰もない。

 直射日光を浴びての体感温度は50度、いや60度を越えていたかもしれません。ほとんどサウナの中を歩いているようなものです。(それでも歩いている人はけっこういました)

「ホテルに戻りたい」

 歩きだして1分も経たないうちに4歳長男が泣きを入れました。ベビーカーに乗せられた2歳長女は置かれた状況が飲み込めないのか、今まで見せたこともないような遠い目をしています。

 やばい。来てはいけないところに来てしまったのか…。

uae06small.jpg


 両替所を見つけて休憩。スーパーを見つけて休憩。また両替所を見つけて(適当にレートを確認しているふりをして)休憩。エアコンの効いた天国のような屋内と、立っているだけで焼き殺されそうになる地獄の屋外を、交互に行き来しながら移動することになりました。

 観光名所でもあるオールドスークは屋根が付いていましたが、たとえ日陰でも高湿度のせいで、まったく過ごしやすくないドバイ。「カシミヤヤスイヨ!」とか「ニイハオ!」と話しかけてくる店員の声が、いつもの10倍くらい暑苦しく感じられます。

 そしてなにより誤算だったのが、飲食店が完全にシャッターを下ろしていることでした。カフェもレストランもキオスクのようなスタンドも、どこもかしこも閉まっていて、あたりで飲食をしている人は皆無。スーパーで水を買うことはできても、大っぴらに飲める雰囲気ではありません。(いちおう幼い子供は免除されることになっていて、地元の人が子供にジュースを飲ませている姿も見かけました…)

 外国人旅行者であふれる観光都市ドバイ。UAE国籍の人口比率は2割程度で、外国人が圧倒的多数のドバイ。露出の高い恰好で歩いている西洋人のお姉様も見かける街。そんな緩いイスラムのイメージから、開いている店も多いのではないか、もう少し簡単に飲食できるのではないかと思っていたのですが、甘い見込みでした。

 逃げ込んだのは博物館。理由はもちろん冷房が効いているから!

 節電? そんなのは日本だけの話です。ドバイの冷房の設定温度は20度。どこもかしこも室内はキンキンに冷えています。そのくらいの設定温度にしないと、天井や壁や窓から伝わってくる熱波に勝てないのでしょう。エアコンは人類の偉大なる発明品であると痛感しました。暑さでしおれていた子供たちも、しばしの復活。

uae09small.jpg


 以前、シリアでラマダンの時期に旅行したとき、地元の家に泊めてもらって、やはりラマダンを体験したことがあります。しかし、日が短い季節であり、むしろ暖房が必要なくらい涼しかったので、多少の空腹を覚えた以外は、それほど苦痛を感じませんでした。

 でもラマダンの真髄は、空腹ではなく、渇きにあると、気づきました。

 夕暮れがこんなにも待ち遠しいものだとは。

「アッラー、アクバル!(神は偉大なり)」

 夜7時、日没を告げるアザーン(祈りの声)が街に響き渡るのを待って、スーパーで買った清涼飲料水1リットルのボトルを一気飲みしたことは、言うまでもありません。(でも夜になっても暑いんです!) 
スポンサーサイト





自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧下さい▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼