FC2ブログ

日本の平和を日本人自身の手で by鳩山由紀夫

(卯月二十一日)

 鳩山首相が辞任した。辞めるとは思っていなかっただけに、とても驚いた。これで、安倍、福田、麻生に続き、日本の総理大臣は4年連続で交代することになる。国際的な信用度や発言力を低下させるという点では、とても残念だ。

 ただ、このままではマスコミに叩かれっぱなしで、世論誘導されては参院選に勝てない。参院選で勝ち、政権交代後の改革を続けることを、より重視しての決断だったのだろう。戦後65年続いた体制をこのまま維持するのか、打ち壊して新たな仕組みを作り出すのか、鳩山辞任で終わりではなく、むしろこれからのほうが、その戦いが激化していくように思う。

 鳩山首相が、辞意を表明した民主党両院議員総会の場で、なかなか深い話をしている。約20分の演説だが、特に7分55秒から、9分15秒くらいの言葉が良い。彼が何をしたくて、でも、できなかったのか。言外に、大きな抵抗や圧力があったことを窺わせる内容だ。
 
 以下、NHKオンラインの動画と、時事ドットコムからの抜粋。



 私はつまるところ、日本の平和、日本人自身でつくり上げていく時をいつかは求めなければならないと思っている。米国に依存し続ける安全保障をこれから50年、100年続けていいとは思わない。そこのところも、ぜひ理解をいただいて、鳩山が何としても、少しでも県外に(米軍基地を移設する)、との思い、ご理解を願えればと思っている。その中に、今回の普天間の本質が宿っていると思っている。

 私の時代は無理だが、あなた方の時代に、日本人の平和をもっと日本人自身でしっかりと見詰め上げていくことができるような環境をつくること。現在の日米の同盟の重要性は言うまでもないが、一方でそのことも模索をしてほしい。
スポンサーサイト





自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧下さい▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼