卒業

(如月十六日)

 以前は当たり前だったのに、最近は全く関係なくなってしまった季節感が1つある。それは、3月から4月の新年度の切り替わりだ。

 物心がついて、幼稚園、小学校に通うになる年頃から、ずっと4月は新しい学年に進級する区切りの月だった。それは社会人になってからも変わらず、最初に勤めた会社は大手であり、毎年かなりの人数の新卒社員が入ってきたから、やっぱり4月は大きな区切りを感じる月であった。

 決定的にその季節感がなくなったのは、旅に出たからだ。桜が咲くとか、徐々に暖かくなってきたとか、そんな一切の季節感がなくなった(正確にいうと、その土地その土地の季節感を強烈に体験していたのだが)。

 その後、日本に帰ってきて、就職したり、結婚したり、子供が生まれたりしたが、毎年新入社員が入ってくるような会社ではなかったし、子供もまだ学校に上がる年ではないので、いわゆる4月の独特の季節感を感じることはなかった。

 しかし、今年は違う。

 まず、私自身が新しい会社になる(会社自体は3月中旬に営業を開始しているが、退職の都合で、私は実質明日から担った)。そして、長男が4月から保育園に通うことになった。

 これまで、下の子である長女は先に保育園が決まったのだが、上の子である長男はいわゆる待機児童で、家庭福祉員(保育ママ)のところに預けていた。そこを3月いっぱいで卒業し、4月から晴れて妹と同じ保育園に通えることになったのだ。

 理解していないようで、色々なことを分かっている3歳児。保育園が決まった時点から、4月になったら保育ママさんのところは終わりで、保育園に行くんだよと繰り返し言ってきたので、それなりの楽しみな気持ちと、それなりの不安が、半々にぶつかっているという感じである。

 ま、お互い頑張ろうぜ。 
スポンサーサイト


自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧ください▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼