中国大陸から台湾へ飛ぶのだ

(水無月八日)

 かつて対立する大陸中国と、台湾の間には、お互いを直接結ぶ航空路線は存在しなかった。

 私は世界一周の最後、中国から日本に帰国するにあたって、一つは韓国・釜山から船で対馬に渡る方法、もう一つは台湾・基隆から船で沖縄に渡る方法(現在この航路は運休になってしまったが)を想定し、悩んでいた。ただ、中国から韓国への航路は複数あるものの、中国から台湾へ行く方法がなく、香港から台湾に飛ぶしかないということもあり、前者を選択した。

 しかし近年、台湾独立派の民進党から中国との関係を重視する国民党に政権が移り、中国と台湾の交流、いわゆる三通が急速に進んでいる。中国から台湾への直行チャーター便が実現し、多くの大陸からの観光客が台湾に押し寄せている様子は、テレビや新聞などでもお馴染みだ。

 その三通が、さらに進展するという話題。

 中華航空は、現在チャーター便である大陸との運航便を定期便化し、さらに現在7都市からの就航であるのを、さらに6都市増やし、13都市と直接結ばれるようにするとか。

 なんと。

 恥ずかしながら私は、さすがにまだ、北京や上海くらいからしか、台湾には飛んでいないと思っていた。それがすでに広州や成都など7都市が台湾との直行便を持ち、さらにアモイ、瀋陽、西安などもこれに加わるという。北の都市である瀋陽や、歴史資産が豊富な西安は、台湾からの本土旅行客の増加にも大いに寄与しそうだ。台湾側も、台北だけでなく、高雄や台中からの路線が増えるらしい。

 日本では、中国の拡大を脅威的に捉える論調が強いが、東アジアの交通網が今後も発達していくのは、時代の流れであるように思う(あとは断絶された場所として北朝鮮があるが)。

 望むらくは、飛行機だけでなく船(定期フェリー)で回れるルートも増えてくれると、旅をするのは楽しくなるんだけど……。
スポンサーサイト


自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧ください▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼