「世界のおすすめ番外編」その4 ベイルート@レバノン

たびえもん、世界のおすすめTop10、番外編その4です。

レバノンの首都ベイルート。
地中海に面した美しい街で、交易の拠点として栄える別名「中東のパリ」。
シリアやヨルダンなど、隣接するアラブ諸国から訪れると、その垢ぬけた雰囲気にビックリします。

lebanon02small.jpg

中東というとイスラム教国のイメージが強いかもしれませんが、レバノンには多くのキリスト教徒も住んでいます。
私が訪れたのはちょうどクリスマスの時期、市内には大きなクリスマスツリーも目立ちました。
大きなスーパーもあり、走っている車も立派で、洗練された街並みの雰囲気はアラブというより欧州に近く、

内戦が続いている危険な国、という先入観を、見事にくつがえされた思い出があります。

lebanon03small.jpg

先日、パリで悲惨なテロ事件がありました。

そのつい1日前に、ベイルートでも大規模なテロがあり、40人以上が死亡、200人以上が負傷したニュースは、
ほとんど報道されていません。

パリとベイルート2つのテロ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-35073624-cnn-int

レバノンもシリアも、一時期フランスの植民地だった国。
重い歴史を乗り越えて、双方に平和が訪れることを願ってやみません。
スポンサーサイト

「世界のおすすめ番外編」その3 クラック・デ・シュバリエ@シリア

たびえもん、世界のおすすめTop10、番外編その3です。

シリアのクラック・デ・シュバリエ。
12世紀、十字軍の時代に築かれた城で、世界遺産に指定されています。

シリアやヨルダンなど、この地域には十字軍時代の史跡が多く残されていますが、
外見の美しさや保存状態など、最高に素晴らしいのが、このクラック・デ・シュバリエです。

映画『天空の城ラピュタ』のモデルになった城ともいわれているのですが、どうでしょう、この景色?

syria155small.jpg

さほど規模の大きなお城ではありませんが、水の張った内堀、回廊、監視塔など、見ごたえは充分。
内部の廊下には外光が全く差し込まず真っ暗な箇所があり、じめじめした無気味な雰囲気を醸し出していました。

探検気分が盛り上がります(^^)

syria15small.jpg

シリア内戦で一部破壊されたとのニュースが残念ですが、
これまでも幾多の戦火を乗り越えてきた城砦、再び訪れることのできる日が待ち焦がれます。

「世界のおすすめ番外編」その2 パルミラ@シリア

たびえもん、世界のおすすめTop10、番外編その2です。

シリアのパルミラ移籍。
俗に中東の3Pと称される、中東3大遺跡の1つです(ほかの2つはぺトラとペルセポリス)。

syria17small.jpg

紀元前の昔に栄えたシルクロードの隊商都市で、
当時の石柱群や円形劇場、神殿跡が残されています。

syria18small.jpg

少し離れたところに、アラブ城と呼ばれる砦があります。
点在する遺跡群と、緑に囲まれたオアシスの町と、はるか遠くの地平線。
頂きからの砂漠の眺めは圧巻です。

オアシス、すなわち水があったからこそ文明が生まれ、都市が栄えたのだということが、よく分かります。

syria19small.jpg

ISIS(イスラム国)の攻撃により、神殿などが破壊されたという悲しいニュースが報じられましたが、
オアシスが枯れない限り、必ず復興するときが来るでしょう。

「ラクダハラクダ」

客寄せのラクダに乗ったおじさんが近づいてきて、唐突にぶつけてきた日本語のギャグが忘れられません(^^)

「世界のおすすめ番外編」その1 ダマスカス@シリア

たびえもん、世界のおすすめTop10、番外編です。

1つめは、シリアの首都ダマスカス。
旧約聖書にも記述がされているという、世界で最も古い都市の1つ。
市内から望める褐色のカシオン山は、世界で初めて殺人事件が起こった山だそうです! なんて、こったい(>_<)

syria14.jpg

旧市街を城壁がめぐり、なんとも風格を感じさせます。

迷路のように複雑で巨大なスークが広がり、
世界最古のモスクといわれるウマイヤドモスクがあり、
十字軍に対抗したイスラムの英雄サラディンの廟もまた、この街にあります。

euro-mideast10small.jpg

冬に訪れたのですが、
日本のものとほぼ同じみかんと、さらに柿が屋台に山盛りで売られていたことに、ビックリしました(^_^)

syria13.jpg

いつか再び訪れたい街の1つです。

「世界のおすすめ裏Top10」その10 西安@中国

たびえもん「世界のおすすめ裏Top10」その10
西安@中国

カフェの店内に掲示している「世界のおすすめTop10」
その選にはもれたものの、負けず劣らず素晴らしい魅力をもつ裏Top10、
あわせて20のおすすめをご紹介してきましたが、

最後はコチラ。
中国の西安。歴史好きな人にとっては「長安」といったほうが通りがいいでしょう。

eastasia10.jpg

前回ご案内のローマを、シルクロードの西の起点とするなら、
西安=長安はシルクロードの東の終点です。

centralchina04.jpg

奈良時代や平安時代の昔から、日本とも縁の深い西安。

秦の始皇帝陵や兵馬俑、三国志の史跡五丈原、三蔵法師ゆかりの大雁塔、などなど、
中国4000年の歴史にあふれています。

centralchina20.jpg

私はかつて自転車世界一周旅行の途中、
わけあってローマで自転車を買い直したとき、シルクロードを西安まで走り続けることを目指しました。
途中、アフリカやインドに寄り道しながら、辿り着いたときの感慨はひとしおでした。

ぜひ、あなたも、シルクロードを目指す旅を、どうぞ!(^^)/


自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧ください▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼