個人ウェブサイトのリニューアル(まだ途中)

個人のウェブサイトをリニューアルしました。
まだ階層が上のページしか出来てないけど、レスポンシブ(スマホ対応)になりやした (^ ^)v

「輪」~ふねしゅーの自転車世界一周&旅育/子連れ海外旅行
http://www.funeshu.com/

たびえもんを起業するよりも、ずーーーっと昔、
まだインターネットが珍しかった(?)2001年、自転車世界一周旅行をきっかけに立ち上げたホームページです。

最近はほったらかしで、年に1回更新するかどうか。
デザインも古びて、スマホには対応していないし、文字化けもするし、黴臭いページになっていたのだけど、
でも、以前に比べて減ったとはいえ、今でも海外の地名など、何らかのキーワードで訪れてくれる人がいます。



せっかく作った膨大なコンテンツをこのまま眠らせておくのはもったいないし、
たびえもんのウェブサイトと、もっとうまく連携させることができるのではと思い、再生させることを決意。

全部で200ページ以上(たぶん)あるので、夜寝る前とかの空いた時間に、少しずつ変えていくつもり。
最近の旅行も載せてるし、とりあえずアクセス数が5年前の水準に戻ると嬉しいんだけどな~。
スポンサーサイト

『東京新聞』『中日新聞』に子連れ旅行を勧める記事が掲載されました

5月12日(金)の東京新聞朝刊(20面・生活面)に、
かわいい子には「旅育」と題して、子連れ海外旅行をすすめる記事が掲載されました!
(中日新聞にも同じ記事が載っています)

代表・木舟周作が子連れ海外旅行を楽しむポイントについて、お答えする内容になっています。
取材にいらした記者さんも小学生のお子さんがいるママで、夏休みは子供と旅行に行きたい、とお話されていました。

東京新聞、中日新聞、それぞれのウェブサイトにも掲載されていますので、御一読下さい!

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201705/CK2017051202000192.html

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017051202000007.html

tokyo-np201705.jpg


子連れ登山/陣馬山~高尾山縦走

陣馬山から高尾山へ。
八王子出身者にとっては、心のふるさと的な黄金ルートを、子供たちと歩きました。

出発は高尾駅北口から西東京バス。
ゴールデンウィークど真ん中とあって、予想以上の大行列。
臨時便が増発されていましたが、それでも8:10発に乗る予定が、8:30くらいになりました。

P5042046.jpg

到着した陣馬高原下のバス停。
9時過ぎに登山開始。しばらくは舗装路を登ります。

P5042048.jpg

標高857mの陣馬山へ。
小5長男と小3長女は余裕。

P5042073.jpg

年長次女はさすがにペースが遅く、でも自力で登ること約2時間、11:15頃に登頂成功。
頂上では、鯉のぼりがはためいていました。

P5042081.jpg

30分ほど休憩し、11:45陣馬山を出発。
明王峠を経て、次なる目的地、景信山(727m)へ。

P5042094.jpg

陣馬山からはアップダウンはあるものの、標高は下がります。
途中短めの休憩をはさみつつ、登山地図のコースタイムとほぼ変わらず、2時間で踏破。

P5042140.jpg

13:45、少し遅めの昼食は、景信山にて。
なめこ汁が美味しかったです (^^)

P5042132.jpg

景信山出発14:25、
ほぼ1時間、次なるピーク城山に15:25到着。
高尾・陣馬スタンプラリーのスタンプも順調に集まります。

P5042170.jpg

さらに1時間、16:30過ぎ、高尾山へ(599m)。
ゴールデンウィークということもあって、まあ本当に、人が多かったです。
服装も荷物も佇まいも、縦走ルートの登山者と、高尾山山頂とでは、客層がびみょーに違いましたけど (^^;)

P5042195.jpg

時間が押していたら、ケーブルカー下山も考えていましたが、
日没まで余裕があるとの判断で、6号路琵琶滝コースで高尾山口へ。

P5042225.jpg

18:20、無事下山完了。
陣馬高原下から歩き始めて、およそ9時間で完全踏破です。

P5042185.jpg

これまでの登山では、必ず抱っこや肩車が必要だった次女が、ついに自力で完歩。
大いに成長を感じました。

長男&長女は、もはや親より登るペースが速い…。彼らだけだったら、1時間、いや2時間くらい早く登れたかも?
次回登山では、置いて行かれないようにしなくっちゃ。

谷中&上野デート with 次女

ゴールデンウィークの前半は、次女と初デート@谷中~上野。

上の子たちとは、これまで何度か2人で出かける機会があったのですが、
次女とはなかなか時間が取れず、やっと実現しました。

P4301953.jpg

日暮里駅で降りて、まずは谷中。
メンチカツや串焼きを食べ、霊園を抜けて上野方面へ。

P4301989.jpg

上野公園の端に、国際子ども図書館があります。
児童書が数多く揃えられているほか、外国の絵本や、児童書の歴史を展示する博物館的なコーナーも。

P4302029.jpg

公園の遊具でしばし遊んだあと、
最後は、アメ横の屋台で〆。

P4302039.jpg

谷中も上野も外国人観光客が多かったですが、日本はやっぱりB級グルメが安くて旨くて魅力的ですね。

アメリカ Ashburn から謎の大量アクセス

時々、たびえもんや個人のウェブサイトのアクセス分析をしていると、
他の日に比べて、以上にアクセス数が多い日が見つかることがあります。
調べてみると、どこかメディアや特定のブログに紹介されていたて、そこからの流入であることが分かります。

で、今回、やはり前後の日に比べると、アクセス数が跳ねあがっている日があったので、見てみると、
なぜか流入元はアメリカ、そしてユーザーの言語は英語です。

たびえもんのウェブサイトはすべて日本語。
もちろん外国の情報も載せているので、普段から海外在住の日本人からのアクセスはあるのですが、
ちょっと様子が違います。

気になってもう少し調べてみると、
アクセス元はアメリカ・バージニア州の Ashburn という都市、プロバイダは Hubspot というところでした。

なんだろう?
最近はスパムメールも多いし、某大手旅行会社が引っかかって個人情報流出なんてニュースもあったし、
不正アクセスで攻撃されたりしたら嫌だ…

日本語で検索しても、あまり情報が出てこないので、
英語でも検索してみました。

すると、
どうやら Ashburn という町は、多くのインターネット企業のデータセンターなどが集積しているところで、
Amazon や AOL なども拠点を置いているようです。
Hubspot はインバウンドマーケティングの会社らしい。

Why Do I Get so Much Click Traffic from Ashburn, Virginia?
http://info.budurl.co/blog/ashburn-virginia-traffic

これで一安心。
かどうかは、100%分からないのだけど、
Ashburn Traffic などのキーワードで検索すると、いろんな人が同じ状況に遭って調べていることが分かりました。

なんかアメリカのインターネット産業ってすごいなー。
そして、ちょっと怖いなー ^^;


自己紹介

ふねしゅー

Author:ふねしゅー
 たびえもんにようこそ!

★自転車世界一周のHPです★


▼ホームページもご覧ください▼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
↓たびえもんが本を出しました↓

★全国の書店で、好評発売中★

講演依頼